こんにちは、新宿 メンズ専門ヘアサロンhuliliの岡野です。

今回のブログは「男性の髪の悩み解決法」のご紹介です。

髪質的に髪が細かったり、猫っ毛でボリュームが出ないと気にされている方は多いんじゃないでしょうか?
また年齢を重ねるとボリュームを気にする方が増える傾向にあるのも事実です。

そこでそういう方に今回はボリュームの出し方を紹介します。

髪のボリュームはどこで感じるかと言うと髪の「根元」です。
根元にハリ・コシがあり、立ち上がりが出ると髪の量が増えたように見えるんです。
重要なのは「根本の立ち上がり」です。

ペタンコ髪解消法

1,髪質に応じて適切なカットをする

トップが潰れる、横に広がるといった問題はカットで解決できます。最初にも書いたように髪のボリュームはどこで感じるかですがボリュームを感じるのはやはり根元です。髪は本来、一つの毛穴から数本生えいるんですが根元の方から軽くしすぎると根元の立ち上がりが無くなり、髪が寝やすくなってしまいます。なのでボリュームがほしい根元はいじり過ぎずにかつ骨格をみながら、広がりやすい横はのボリュームの位置を考えながらカットすることでボリュームが有るように見せることが出来ます。カットは足し算と引き算。そこが美容師の腕の見せ所です。

2,シャンプー剤の見直し

洗浄力の強いシャンプー剤の使用は避ける
シャンプーは汚れを落とすものなのでしっかり汚れを落としたいのですが洗浄力の強いシャンプーだと頭皮に必要な皮脂も取ってしまい頭皮が乾燥してしまいます。それを防ぐために多くの皮脂が分泌してしまい、結果頭皮環境が悪くなる可能性があります。頭皮環境の悪化は生えている髪のハリ、コシを無くし、ボリュームのないペタンコ髪にしてしまいます。界面活性剤が硫酸系なものは要注意です。また油分が残り過ぎていると根元がつぶれてしまいます。しっかりとすすぎ洗いも忘れずに!

3,トリートメントは地肌にはつけない

トリートメントも油性のものが主なので地肌には着けずに中間から毛先に向かって着けましょう。使用量も少量でOK、ベリーショートで小豆粒1粒分、ミディアムヘアーでも小豆粒2粒分で十分です。

またお風呂場でするトリートメントだとお湯で流した時に地肌に着く可能性があります。こだわるのであればお風呂場でするトリートメントをやめて洗い流さない(アウトバス)トリートメントに変えていただくのも一つの手です。洗い流さないトリートメントだと地肌に着ける心配がなく毛先中心に着けることが可能です。使用量は小豆粒1粒分が目安です。その後はドライヤーで乾かして下さい。

4,自然乾燥はしない

髪は濡れていると水分の重みで根元から潰れてしまいます。自然乾燥をすると、根元は潰れたままで髪の絡まり、クセもそのままになってしまいます。また自然乾燥だと頭皮と髪は必要以上に水分が失われてしまいます。なので洗髪後はすぐにドライヤーで乾かして頭皮と髪本来の水分を一定にして下さい。また乾かす時に髪が絡まるとボリュームが出にくくなってしまいます。乾かす前に荒めの櫛で軽くとかしてから乾かすと髪が絡まらずにスムーズに乾かせます。

5,乾かしかたに注意する

ドライヤーをする前にしっかりとタオルドライをします。その時ゴシゴシ擦るのではなく髪を包み込む感じで優しく水分を取ります。そこからドライヤーで何気なく乾かすのではなく根元を意識して乾かして下さい。最初は水分を飛ばすのにバーッと軽く全体にドライヤーを当てます、その後根元から毛先に向かってドライヤーを当てます。後ろの髪は頭を下げて、髪を前に持ってきます、そうすれば手の届きにくい後ろの根元にも風が当たります。トップは分け目を考えずに手をジグザグに動かして乾かします。ハリが欲しければ指で引っ張りながらドライヤーの熱を当てるのもポイントです。

 

いかがでしたでしょうか?どれもちょっとした一手間でそんなに難しくなく出来ると思います。

キーワードは「根元」です。

「根元」を意識して、是非やってみて下さい。

メンズ専門ヘアサロンhuliliでは頭皮改善メニューのヘッドスパ、Dr SCALPなどのメニューもご用意しております。気になる方は是非ご相談下さい。

岡野でした。ではまた~

huliliはご予約優先となっております。
土日など混み合う日はお早めにご予約お願い致します。
また平日の日中などは時間に余裕のある時もありますのでお気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちらまで↓↓↓

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-12-4 西原ビル2F
℡:03-6300-0843
http://hulili-hair.com

Hulili(フリリ)メンズヘアサロン 新宿